民事訴訟法の基本書、演習書等と使用法(2020年11月最終更新)

民訴はカオスですが、訴訟物がキーコンセプトです。既判力も、一部請求も、二重起訴も、訴えの利益も、処分権主義も、弁論主義も、証明責任も、そこから始まります。

民事法律関係を扱うため、民法(特に総則、物権、債権総則、不法行為、相続)の理解が重要なのは当然ですが、公法としての側面も重要です(裁判を受ける権利との関係、行政手続との連続性)。

なお、倒産法、民事執行・保全法は独立させ(倒産法、民事保全・執行法、信託法の基本書、演習書等と使用法)、国際民事訴訟法国際私法と統合しました(国際私法・国際民事訴訟法の基本書、演習書等と使用法)。

 

目次

 

ストゥディア民事訴訟

民事訴訟法 第2版 (有斐閣ストゥディア)

民事訴訟法 第2版 (有斐閣ストゥディア)

 

入門書。薄くてわかりやすいです。これを読んでからリークエに進むのがおすすめ。目安としては学部〜既習1年目向きといった感じです。

(2019年最終更新)

 

リークエ民事訴訟

民事訴訟法 第3版 (LEGAL QUEST)

民事訴訟法 第3版 (LEGAL QUEST)

 

基本書。結局伊藤民訴の後に通読しました。厚いですが、整理された章立てで、割とすらすら読めました

最新の議論までフォローしており、伝統的通説を離れて有力説・多数説を採用することも多いです(弁論主義は主要事実に限定しないなど)。そのため、ストゥディアなどで伝統的な議論を把握したうえで読むべき本です。なお、著者らの採用する立場が、できる限り一定の論証とともに明示されており(はしがきにもそう書いてある)、学説を並べられても困るという状況にはなりにくいです。

独自説が強いと思ったのは自白(三木執筆)、重複起訴(菱田執筆。 内容は三木論文の影響が強いです)。しかし、特に後者については、平成30年司法試験にも出た先端論点で、学界全体から見ても三木論文のインパクトが大きい論点なので、読む価値があると思います。

ところで、民訴はみんなが似たような用語に微妙に違う意味を込めて使っているせいで議論が錯綜しがちな気がするのですが、それを「Term」と称するコラムで整理してくれています。「すこし詳しく」というコラムも司法試験を受けるなら読むべきでしょう。

唯一の欠点は原典へのアクセシビリティがないことです(リークエや基本シリーズなど、近時の基本書はみんなそうという気がしますが)。読者として第一に想定されるロー生の多くは脚注スタイルを好まないのかもしれませんが(悲しいことですね)、例えば田中会社法みたいにインラインでは括弧書きで論者と年だけ表示して、章末に引用文献を列挙するみたいなやり方もあるわけで、何らかの方法で表示してもらいたかったところです。私は学部ゼミで民訴を勉強していたので、一般的なロー生と比べると多くの民訴論文に接しており、ここに紹介されているレベルの(=メジャーな)議論であれば、誰がどこでしていたものかはだいたいイメージはつくのですが、そうでない人にとってはやはり奥行きのないものに見えてしまうのかもしれないとは思いました。

なお、三木先生の説が知りたい場合は『民事訴訟における手続運営の理論』を参照。先に紹介した重複起訴は4編1章「複訴訟論の再構築」として収録されています。どの論文も理論的に重要な意味があるだけでなく、とても読みやすいです(民事訴訟法学者で一番分かりやすい文章を書かれると思っています)。

(2020年1月最終更新)

 

伊藤・民事訴訟

民事訴訟法 第6版

民事訴訟法 第6版

 

民訴ゼミだし通読しとくか、といった程度の軽い気持ちで通読してしまいました。

いわゆる体系書の中では、旧訴訟物理論、反射効否定、争点効否定など、一番試験に生かしやすいと思います(cf. 新堂・新民訴、高橋・重点講義、松本=上野・民訴)。これら以外でも、判例と通説が乖離している場合に、通説を否定し、判例を支持することが多いです(e.g. 「法人でない社団」に権利能力を認めない)。

しかし、見出しはそれほど親切ではないので、体系が頭に入っていないと迷子になります。また、脚注が長いです(ほぼ脚注で埋まっているページも…)。1998年の初版以来、立法などで本文が全く使えなくなった場面を除いて、基本的に脚注で補充するようにしているのではないかと思います(セルフ芦部憲法状態)。伊藤先生の執筆ペースを考えると、それが合理的なのかもしれませんが。叙述も私のように知識の不十分なロー生にとっては必ずしも明快というわけではなく、他の文献が本書を引用している箇所を見て初めてそういう趣旨だったのかとなったこともわりとありました。

そういうわけなので、学部生・ロー生の学習用書籍という感じではありません。やはりストゥディア→リークエがよいと思います。

(2019年最終更新)

 

読解民事訴訟

読解 民事訴訟法

読解 民事訴訟法

 

あまり言語化されてこなかった基本的なタームをの使い方を言語化するとともに、一部請求、二重起訴、相殺の抗弁、訴えの利益などの論点を解説した本。

執筆者が学部ゼミの先生で、必修(学部2年次)の講義もその先生のものを受けたのですが、ストゥディアと本書でスタートしたため迷わずに済みました。

(2020年9月最終更新)

 

基礎演習民事訴訟

基礎演習民事訴訟法 <第3版>

基礎演習民事訴訟法 <第3版>

 

演習書。学生向けに最近ホットな論点を選んでオムニバスで解説した本として見ると、かなりよい(章が多い)です。同じようなものとして、「争点」がありますが、司法試験で使うには必ずしも便利ではないし、ちょっと古くなっています。

一方、演習書として見るといまいちです:事例と関係のない説明が多い、判例をボコボコに殴って再構成せずに去って行く人がいる、実質的な一行問題がある、あてはめがない回があるなど。

ちなみに、平成24年司法試験の採点実感18ページ(しかも民事系科目第3問=民事訴訟法に関する部分)には、次のような記述があります。

問われていることに正面から答えていなければ,点数を付与することはしていない。自分の知っている論点がそのまま問われているものと思い込み,題意から離れてその論点について長々と記述する答案や,結論に関係しないにもかかわらず自分の知っている諸論点を広く浅く書き連ねる答案に対しては,問われていることに何ら答えていないと評価するなど,厳しい姿勢で採点に臨んでいる。

(2019年最終更新)

 

ロジカル演習民事訴訟

ロジカル演習 民事訴訟法

ロジカル演習 民事訴訟法

  • 作者:越山 和広
  • 発売日: 2019/02/19
  • メディア: 単行本
 

私が民事訴訟法の演習書を探した頃にはまだなかったのですが、その後出た演習書。答案例つき。中身はパラパラとしか見ていないのでよく分かりませんが、『基礎演習民事訴訟法』が(演習書としては)微妙なこともあって、とりあえず選択肢として紹介しておきます。

(2020年9月最終更新)

 

民事訴訟判例百選 

民事訴訟法判例百選 第5版 (別冊ジュリスト 226)

民事訴訟法判例百選 第5版 (別冊ジュリスト 226)

  • 発売日: 2015/11/19
  • メディア: ムック
 

民事訴訟法は百選を読むことになるだろうと思います。ある程度読んだらまた追記します。ちなみに国際民事訴訟法は国際私法判例百選に収録されています。

(2020年11月最終更新)

 

他の分野:基本書等と使用法 カテゴリーの記事一覧