2019-07-07から1日間の記事一覧

憲法24条は同性婚を保障しているか?

「同性婚は憲法に違反する」旨のツイートが話題になっていたので、以前調べたことをまとめておきます。 憲法24条は、次のように規定しています。 24条1項 婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力によ…

平成30年 予備試験 論文式 再現答案 実務基礎刑事

(評価:D[民事と共通]) 法令名を省略するときは刑事訴訟法を指す.設問1 共犯者が不明であることから,口裏合わせをしたり,協力して証拠を隠滅することがありうる.設問2① 316条の15第3項イについて,同条1項3号の類型.同条3項ロについて,甲8号証は,…

平成30年 予備試験 論文式 再現答案 実務基礎民事

(評価:D[刑事と共通]) 設問1(1) YのAに対する売買代金債権の仮差押え(民事保全法20条1項).仮差押えを行うことにより,AはYに弁済をすることができなくなるが(同法50条1項),仮にこれをせずにAがYに弁済をした場合,XはYに対する強制執行として同債…

平成30年 予備試験 論文式 再現答案 刑事訴訟法

(評価:D) 設問1(1) 強制処分について.①②の各行為は,捜索,すなわち,一定の場所について,犯人や証拠を発見するため,有形力を用いて調査する性質を有する.したがって,強制処分に当たる場合,無令状でこれを行うことは許されない(197条1項但書). …

平成30年 予備試験 論文式 再現答案 刑法

(評価:C) 1 甲が預り金を引き出した行為について. この行為に業務上横領罪(253条)が成立するか. 「業務上」とは,行為の主体が社会生活上反復してその行為を行う者であることをいう.甲は投資会社の準備としてVから500万円を預かったものであり,この…

平成30年 予備試験 論文式 再現答案 民事訴訟法

(評価:D) 設問1(1) 主観的予備的併合. L1としては,まず,主観的予備的併合を申し立てることが考えられる. 前提として,通常共同訴訟の要件(38条1項)を満たすことが必要である.本件で,Yに対する売買代金請求とZに対する売買代金請求は,同一の場所…

平成30年 予備試験 論文式 再現答案 商法

(評価:D) 設問1 甲社は監査等委員会設置会社であるから,取締役設置会社である.取締役設置会社の株主は,総株主の議決権の100分の1以上の議決権を,6か月前から引き続き有する場合には,株主総会の8週間前までに,議題を提案し,提出しようとする議案を…

平成30年 予備試験 論文式 再現答案 民法

(評価:F) 設問1(1) ①について.AとCは,契約関係にない.しかし,CはBに建物解体用の重機,器具等を提供し,Cの従業員に対するのと同様に,作業の場所,内容および具体的方法について指示を与えていたことから,実質的に指揮監督関係にあったものである.…

平成30年 予備試験 論文式 再現答案 行政法

(評価:F) 設問1(1) Y県の主張. Y県は,「行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為」とは,公権力の主体としての国または公共団体の行為であって,法律上,その効果として,相手方の権利または義務を変動させ,またはその範囲を確定する効果が認めら…

平成30年 予備試験 論文式 再現答案 憲法

(評価:A) 1 法律上の争訟性について. 裁判所は,「法律上の争訟」(裁判所法3条1項)についてのみ審判権を行使する.司法権とは,具体的な事件を法律を解釈・適用することによって解決する作用であるから,「法律上の争訟」は,法律を解釈・適用すること…